教育と学び

受験・進学

昨今の受験と進学事情はかなり様変わりしている。

推薦入試・一般入試では学生の確保がままならない大学が増え、AO入試などによるいわば青田狩りまがいの確保合戦が繰り広げられている。


“受験・進学” の詳細は »

美に関する知識

二重まぶた埋没法は、線で留める方法です。

点で留める埋没法はまぶたのすぐ裏に糸をかける方法ですが、線で留める方法はまぶたを開ける際に使う筋肉に糸をかけるため、本来の二重の構造と同じ原理となるものです。

より自然により晴れを少なくする埋没法はまさにこの方法といえるでしょう。

“美に関する知識” の詳細は »

予備校

予備校といえば一般的には、進学予備校を思い浮かべます。

そのほかにも、資格取得のための予備校だったり、企業の就職試験用の予備校などもある。


“予備校” の詳細は »

義務教育

小学校と中学校の9年間は義務教育となっており、全ての人が教育を受ける権利を有しているので、必然的に学校に行くことになります。
ところが最近は、高校進学率も100%に近い数字であり、実質的には半義務教育化しているのではないでしょうか。

“義務教育” の詳細は »

社会人教育

学生が社会に出てはじめに取り組むことは、おそらく企業の新入社員研修だろう。
そしてその後様々な段階で、やはり研修と向き合うこととなる。
サラリーマンは研修が仕事であり、半ば義務化されていると考えてよい。

“社会人教育” の詳細は »

通信講座

通信講座といえば、本格的な資格取得、専門学習から、趣味の講座まで様々なものがあり、多数の企業・機関が実施している。
一般的なビジネスマンに向けた研修や新人教育のためのマナー講座なども充実している。

“通信講座” の詳細は »

大学

大学は改めて言うまでもなく、日本の最高学府である。
とはいえ、昨今の大学事情はかなり変化をしてきている。

一番の大きな変化は、大学全入時代に入り、学力格差が広がっている事ではなかろうか。

“大学” の詳細は »