困ったときのネット頼り

家のキッチンのシンクの水の流れが悪くなってしまいました。
できるだけ、小さな固形物なども流さないように気をつけているつもりなんですが、料理した鍋やフライパン、食べ終わった食器などを洗っていて、流されたものが詰まってしまったのかもしれません。

主人は挽いたコーヒーのカスを流せば、汚れを全部押し出してくれるんじゃないか、と言うんですが、「そんなことして大丈夫?」という不安があったので、インターネットでパイプ詰まりの処理法を調べてみました。

コーヒーには賛否両論あってうちでは却下。
「重曹や酢を流す」という方法を採用したら、水の流れもよくなりました。

次回、詰まったらラバーカップを試してみたいと思います。
困ったときは、まずネットですね。
ところがですね、見出しと内容が必ずしも一致しないサイトやページがあります。

特にリンクを辿る場合の酷さは辟易するもので、いわゆる騙しページへの誘導なとがあるわけです。
何を目的としているのかわかりませんが、おそらく、運営者には何らかのメリットが発生しているのだと推測します。
世の中、いろいろとあるものですよね。

さて、そんな役に立たないページは、すぐに消えていくもので、あまりにも感情的になった場合は、通報したりしている友人もいます。
その友人は、ページが消えることに喜びを感じているのだそうですが、ちょっとすごいですよね。

通勤は立っても新聞を読む
変形労働対応の就業管理システム
標準機能で、日ごと・週ごと・月ごとの変形労働に対応
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

»