毎日ラジオ体操

近頃発症した四十肩にはラジオ体操がいいらしい、と友人に教えられ、久しぶりに家でやってみました。

子どものころには学校で何十回、何百回とやった体操なので、なんとなくは覚えているんですが、でも、最初から最後まで順番どおりの動きは忘れてしまい、インターネットの動画でチェックしてみました。

私が見た動画の体操が正式なものだとは思うんですが、私が覚えていたものとはちょっと違っているような気もします。
私が間違って覚えていたんでしょうか。

画面の中で模範を見せている「体操のおねえさん」たちがあまりに綺麗に体操しているので、違って見えるだけなのかもしれません。
とにかく、「体操のおねえさん」たちを真似て、しばらくはラジオ体操を日課にしてみます。

そういえば昔、小学校の頃でしょうか、ラジオ体操をやれと言われて、ひととおり終わったところで先生が「疲れた人は?」と問いました。
そもそもラジオ体操で疲れる人なんていませんので、全員、無反応だったところ、突然その先生は激怒し始めたのです。
真剣にやっていないということで。

このような理不尽な教師は、昔から居たものですが、ちょっと論点というか何を言いたいのか誰も理解出来ず、終始重い空気で体育の授業が過ぎていったことを思い出します。

ラジオ体操はウォーミングアップという認識を持っている人がほとんどでしょう。
しかし、妙な先生には参りましたので、反面教師としています。

沖縄ではプロ野球春季キャンプ

冬の寒さが厳しい2月ですが、沖縄ではプロ野球春季キャンプが開始されます。
キャンプ前に首都圏の3球団が沖縄県に入りました。

那覇空港と石垣空港には、球団を歓迎する横断幕が風になびいており、空港がいつになく華やかなムードに包まれました。
全国から駆けつけた多くのファンらが待ち受ける中、一眼レフならぬスマホのカメラ機能でお目当ての選手を撮影する人の多いこと。

右手をぴんと伸ばして、つま先立ちで携帯を持つ手は震えています。

石垣空港ではセレモニーが行われ、キャンプ入りする選手を歓迎しました。
みんな笑顔で出迎え、球団側も「今年は日本一を目指して頑張りたい」と決意表明を行いました。

沖縄は桜の開花シーズンです。
春の訪れと共にスタートするキャンプにも春を感じます。
こうしてみるとプロ野球は愛されていますよね。

一時期はJリーグに押されていた人気も徐々に回復傾向。
たまに古い体質が露呈してしまうようなニュース(スキャンダル?)が誌面を賑わせますが、やはり根強い人気を誇っていると言ってもいいでしょう。

もっと参入球団が増えるといいのですが、既得権益に群がる人が居なくならない限りは、ちょっと難しいのかもしれないですね。
Jリーグのように地域で立ち上がるようになればいいのでしょうか。

でもマンネリということも考えないと、コアなファンしか球場に足を運ばなくなりますよ。
親会社や運営は外資でもいいじゃないですかね。

食肉がそろうお店
最高レベルの業務用精肉の食肉卸
常に「安全な品質」・「安定した商品」を提供し続ける東京都の食肉卸会社
meat-kimura.co.jp/

«
»