値段の決まり方

現在日本で売られている物の価格はどのようにして決まるのでしょうか。
供給が需要より多ければ売れ残りが出るため、価格が下がります。

逆に需要が供給よりも多ければ、物不足になります。

そうすると売り手が買い手が多ければ売れると思い、値段が上がります。
野菜を例に挙げると豊作でたくさん採れれば供給が増え、売れ残りが考えられるので安くなり、逆に採れなかった年は物不足になるので価格が上がります。

このように価格が動くことによって、売れ残りや物不足はなくなり、需要と供給が等しくなります。
これは生鮮食品や金融商品で見られます。
しかし、コンサルティング料などは、そもそも成果に対する報酬ということで相場などは様々ですね。

その他の商品に関してはあまりそういったことはありません。
今後その他の商品もこのようにやっていけば、もしかしたら大きな経済成長が期待できるかもしれませんね。

とは言え、日本的な感覚だと、経済成長も伸び悩みするかもしれないです。
人をコストと捉えている以上は、世界で勝てるジャンルも勝てなくなるはずです。
赤字になれば人件費を削ることが、最も簡単な事業再生すなわちリストラの方法ですから。

このように会社は、良いように従業員を使います。
特別優秀であっても、ひとりが生む利益はたかがしれているので、大企業に近付くほど人材を軽視しがちなのですよ。
尽くしてきたから大丈夫、なんてのは身勝手な自己保身用の言葉であり、尽くす尽くさないはどうでもいいのです。

お肉の食材を
ラム肉・仔牛肉など精肉は幅広い対応の食肉卸
珍しい希少なお肉もミートキムラが調達。顧客満足度を高めるための努力が30年以上続いています。
meat-kimura.co.jp/

«
»