予備校

予備校といえば一般的には、進学予備校を思い浮かべます。

そのほかにも、資格取得のための予備校だったり、企業の就職試験用の予備校などもある。

一般的な進学予備校は、進学を目指してのカリキュラムが中心だが、中間試験や期末試験対策を中心とした補修メインのカリキュラムも存在している。

後者の場合は、学習塾とかなりに通った内容の場合が多い。
私塾といわれるものにも、学習塾といわれる日々の学習を補完することがメインのものから、進学塾といわれるいわば予備校の進学機能メインのものまで多様な携帯が見受けられる。

学ぶ環境がどこにでもあるというのは、実に素晴らしい事であるが、実は自宅も素晴らしい学びの環境でなければならないのではないかと強く思う。

勉強しない子どもほど、親がうるさい。
親に学歴や知恵または知識に何らかのコンプレックが強いほど、口うるさくなる傾向にある。
子どもに苦労させたくないというのは理解出来るか、自分らの経験を押し付けても、結果が見えているではないか。

失敗の経験を伝えても、失敗の糧になるだけだということに気付いていない。
しかも自分らは、毎日テレビを見てニヤニヤしている姿を見せていての「勉強しろ」は説得力も何もないのだ。
机に向かっている姿を見せるだけで、子どもも自然にそれを見て真似をする。

言動が一致していない以上、何をもってしても子どもはコントロール出来ないのだ。

忙しい毎日
就業管理の効率アップ
労務管理スタッフの事務作業の効率化だけでなくサービス残業撤廃など企業コンプライアンスの遵守にも最適
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«
»