映画

日本では、戦後60年の間に高度経済成長とエンターテイメントの普及があいまって、数多くの映画館が生まれた。
そして日本固有の文化としても盛況になり、作品もアニメを中心に海外での評価も高まってきた。

今では、全国的に減少傾向である映画館ではあるが、人気が衰えることは無い。

日本人は元来、大衆演劇には目が肥えていたと思う。
安らぎや癒される感覚を持っているのだろう。

映画館でのマナーは誰もが知っている通りであるが、国内で作られる作品の幅は、年々広がっているのではないか。
3Dスタイルは、中々人気とまではいかないものの、最近では、シネコン形式の映画館が増えるにしたがって、客足も伸びていると聞く。
ちょっとした特等席もあり、ドリンクやスナック類が付いてくるらしい。

逆に経営が厳しいのは、非常にマニアックな作品つまりは「通好み」の作品を取り上げる映画館である。
そもそも、マニアック路線は集客が難しいし、作品の買付についても中々手が出にくいこともあるだろう。

ハリウッドで制作されるような作品は、製作費も広告費もケタ違いであり、興行収入ウン百万ドルの世界。
片や知る人ぞ知る作品については、どれほどの興行収入が見込めるのが、さっぱりと見当もつかないのではないだろうか。
映画館の存続にも関わるので、マーケティングは難しそうだ。

大画面の迫力は、結果として家庭では味わえないのだが。

石垣島ダイビング
石垣島ダイビングの人気スポット
地形ポイント・魚の群れポイント・癒し系ポイント・サンゴだらけのポイント・ダイナミック隠れ根ポイント
www.blue-water-divers.jp/

»