湿気と湿度の違い

電気ポットの残り湯を流し台に捨てる時、顔に湯気がかかった。
そしたらその後ふいに、お肌がすごくシットリしたと感じた経験はないだろうか。

偶然の発見というラッキーな出来事の話しです。

これは、お湯が蒸発した水蒸気の湿度でお肌が潤ったのである。
やはり湿度はとても大切だ。

乾燥してカサカサしたお肌では魅力がない。
乾燥がノドにも良くないのは周知の事実であろう。
ノドをいためるとカゼも引きやすくなる。

さて、私はつねづね湿度と湿気の違いについて疑問に思っている。
ちょっとネットで調べてみたが、やはり湿度と湿気は同じものだ。
しかし湿気には有って欲しくないものというイメージの方が強い。

単に言葉の使い方やニュアンスの問題か。
人の肌に必要な湿度は湿度。
水回りや押し入れの不要な湿度は湿気ということにしようと思う。

ちなみに私は押し入れには炭などの湿気取りグッズをたっぷり入れているが、寝床の枕元には加湿器を置いて湿度を求めている。

特に最近は大気汚染騒動もあってか、空気清浄機の類もどんどん売れているらしい。
マスクは既に風邪のアイテムという概念はなくなりつつあるし、高度成長を成し遂げている大国が生み出す負の財産を他国が責任をもって対処しなければならないという世界。

後先考えずに、成長だけを追って行ったツケは、きっとどこかで払わされることになるだろう。

厳選精肉
精肉・食肉卸で厳選バーベキューセット
キャンプで食べて欲しいバーベキューセットを個人向けにメニュー化して絶賛好評販売中
meat-kimura.co.jp/

«
»