経営

どんな産業分野であれ、会社を経営していくことはカンタンではない。

経営者になる過程もそれぞれで、親の代を引き継いでいくもの、独立して起業するもの、あるいは、経営を任されるものなどだ。

いずれにしても、社員とその家族に対する責任を感じながら社業を発展させていくことになる。
独立起業した場合は、ある種自分の意思で好きなことをしているといえるが、親の事業を受け継ぐものは、最終的には納得したかもしれないが、しこりを取り除くことが大切だ。

親の思い、古くからいる社員の思いを引き継ぎながら発展させていくことはさらに困難が伴うのではないか。
安定継続で当たり前、少しでも状態が悪くなろうものならその責任は全部のしかかってくる。

仕事に向き不向きはないと思っているが、自分が好きで取り組むものと、ある種いやいや引き継いだものでは、そのモチベーションには大きな差が生まれるだろう。

事業承継については、かなり揉めたことも事実。
相続に関する知識が皆無だったので、関連書籍などを買いあさったが、焼け石に水。
プロの税理士や弁護士に解決を依頼することが、最も費用対効果に優れると自覚したのは、数年経過してからだった。

税制改革が毎年行われているため、相続関係以外の税務会計はプロによる管理監督が必要だというのは、事業主にとっては共通する思いだろう。
国外に打って出る企業は、海外での節税にも気を回す必要がででくるだろう。

«
»