インターネット

初めてホームページをつくったのは、1995年だったと記憶している。
当時は作れる人もほとんどおらず、羨望のまなざしを浴びた。
当時表現できることは知れていて、文字情報に少し写真を入れたようなものだった。

その後、時代とともに制作ソフトも進化し、インターネット自体も加速度的に進化し、いまでは苦手な部類に入っている。
当時あのまま続けていけば、今どんなことになっていたのかとふと考えることがある。

ではあるが、今打ち込める仕事を持っているということは、こういう方向に進むこととなっていたのだろうと考えるほうが収まりがいい。
やはり進むべき道に進んだのだと納得出来る。

最近のウェブサイトの進化は凄まじい。
動画ファイルを載せることは当たり前であり、更には、たくさんのブラウザの仕様に合わせる必要がある。
デザインは良いとしても、ソースを記述するコーダーの負担は大きいだろう。
(車検の移動負担を軽減する出張専門さくら車検)

更には、コーダーはスペシャリストの類でありながら、安い労働単価で働かされている。
これではコーディングという仕事も無くなってくるのではないだろうか。
替わりにシステム化されたウェブサイト作成プロセスを持つことの方が、合理的なのかもしれない。

これまではちょっとした基礎知識があれば、個人が時間をかけて作ることが出来ていたウェブサイトではあるが、より専門化された人材でなければ、対応出来ない可能性もある。

安全チタンピアス
金属アレルギーの可能性が抑えられた高純度のチタンで作られているピアス
www.nadeshiko-st.com/

«