ギャラリーの外からアート鑑賞

うちの周辺には小さなアートギャラリーがいくつもあります。

ちょっとだけ興味があるのですが、とある事が気になって突撃出来ずにいるのです。

そういうギャラリーでは、単に作品を展示しているだけでなく、販売している(らしい)のですが、面白そうな作品展をしていても、私は買うつもりもお金もないので足を踏み入れにくく、まだどこにも入ったことはありません。

そういうギャラリーにはただ、アートを鑑賞するだけの目的で入っても全然構わないのでしょうか。
たぶん、構わないのだろうとは思いますが、大抵どこのギャラリーでも室内はひっそりとしていて、そこで働いている人以外は誰もいなく、とても入りにくい雰囲気があるんですよね。

なので、いまはまだ、ギャラリーの横を通る度に、窓を通して外からアート鑑賞をするだけにとどまっています。
買い物に行った時に、店員がこちらをジーッと見ていると物色し難い雰囲気、あの雰囲気が足を別の方向に向かわせるんですよね。

買わないように仕向けているのでしょうか?

実はそろそろ結婚するので、新居にひとつだけでも絵を飾りたいなと思っているのです。
そんな動機があって、いろいろと見てみたいのですが、ギャラリーも門前払いの雰囲気を出さなくてもいいでしょうに。
こうやって見込み客が逃げていくのですね。

ともかく入口が不気味だったり、中が見えなかったりすると、かなり集客力に影響します。
新婚または婚約中のカップルのために、オープンな感じを演出して欲しいところです。

新入社員の外回り
PC無制限の就業管理の仕組み
利用するパソコンの台数に制限の無いフレキシブルな就業管理システム
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

»