釣り

海釣りに誘われ、お供した。
寒風にさらされながら、凍える手でえさをつけ魚を待つ。

えさをとられては付け直しの繰り返し。
手はベタベタでくさくなり、耐えられない感触とにおいだ。

そのとき隣で釣っている釣り人が目に入ってきた。
なんと海釣りでルアーなのだ。

もうつりはそっちのけでその人を観察した。
えさを付けなくていいし、投げては巻き上げ投げては巻き上げの繰り返しで退屈しそうにもない。

ワタシはコレだとひらめいた。
今度誘われたら絶対ルアーにしようと。
ところがルアー釣りも、それなりにノウハウがあり短期間での海釣りデビューは難しいらしい。

手始めに、川や湖で小手調べとすることにしたが、近くの湖では、外来魚ばかりが釣り上がるので全くお話にならない。
どうも飢えているようで、ルアーでなくても釣り針を垂らすだけで食い付いてくるようでは、練習にもならない。
ここは思い切って、海での実践に転換することにした。

後日、まずは餌を付けてのノーマルな釣りに勤しむも、相変わらずの当りの無さに閉口。
ここは気持ちを切り替えて、早速、ルアーフィッシングへ挑戦する。
ところが、無風であるにも関わらず、どうもコントロールが良くないのである。

そう、投擲の練習をほとんどしておらず、ポイント周辺にルアーを投げられないのである。
ルアーは泳がせるタイプのものではないので、完全に私の失敗だ。

«
»