受験・進学

昨今の受験と進学事情はかなり様変わりしている。

推薦入試・一般入試では学生の確保がままならない大学が増え、AO入試などによるいわば青田狩りまがいの確保合戦が繰り広げられている。

高校進学率や大学進学率がこれ異常ないくらいの高さになり、今後の伸びは期待できないばかりか、少子化による受験生の減少も歯止めが利かない。

それぞれ大学で趣向を凝らした、オープンキャンパスや入学説明会を実施しているが、すでに大学によっては、定員割れで存続の危機に立たされている。

萌え系のキャラクターを作り上げで学生を集めていた大学もあったが、何を目的として入学しようとしているのか、応募する学生の思考の程度が知れることになる。
同時に、大学側も大学運営に必要なコマとカネ、つまり学生とその親の獲得しか見ていないのである。

そのような軽薄短小な学生マーケティングを標榜する大学に、経営学やマーケティングの教授がいたとしたら、それも程度が知れることが明らかではなかろうか。
まあ、他人事なので、大学がどうなろうが、学生が将来どうなろうが知ったことではないが。

どちらかと言えば、安易に大学が乱立しているお蔭で、ビジネスの手段として学校運営をしていると思われても仕方がないような雰囲気すら感じられる。

こんな話を延々と聞かされた受験生を持つ私としては、批判ばかりでは無く、進むべき道を少しでも子どもたちに示してあげようと思った。

«