eコマース

電子商取引への新規参入が止まらない。
それもそのはず、電子商取引全体の売上額は増大の一途をたどっている。

現在の不況下にあって、インターネットに活路を見出そうとするのもうなずける。
しかしである、誰でもどんなやり方でも結果が出せるというものでないことをお忘れではないだろうか。
業者さんに任せれば何とかなるくらいの勢いで参入しても、結果は見えている。

そうそうにランニングコストの高さに驚いて撤退である。
確かに実店舗を作るよりは、かなり割安だとは思うが、店舗の運営としては実店舗同様の経費が発生すると心得なければならない。

eコマースにはショッピングカートがつきものという思い込みは捨てた方がいいかもしれない。
販売だけがビジネスサイトの役目では無いからだ。
そのような視野の狭い使い方だと、いつまで経っても満足な成果を得ることは難しいだろう。

ウェブサイトを作れば、勝手に御客が集まってくると考えている、お気楽な人間はいないだろうが、それに近いイメージを持っているのが、勉強不足を棚に上げて、持論を展開するKYな経営者だ。
プロにアマチュアが意見するという、おかしな現象が、ネットコンサルでは日常茶飯事である。

«
»